スポンサーリンク

東大女子お断りサークルや医学部女性差別について!

トレンド

スッキリや色々なWebニュース等で大きく取り上げられた東大女子お断り問題。

 

このニュースに、かなり批判が殺到していますね。

 

この件について、医学部の入試女性差別問題も合わせて差別意識が強く根付いている。

 

と感じたので今回はその記事と感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

女子お断りサークル

headlines.yahoo.co.jp

この問題については2年前、『東大新聞』が学内を調査、東大在学中の女子学生だけが入会を断られるサークルが少なくとも3つ存在していると報じている。取材に対しサークル側は「伝統としか答えられない。インカレとはそういうものだろう」「他の大学の女子が大勢いる中、東大女子が少数いても馴染めなさそう」と説明している。
Yahooニュース引用

 

と、1部サークルがかなり問題になっています。東京大学という素晴らしい大学に入ったにも関わらずこのようなニュース。

 

このような対応をしたサークルが残念です。

 

伝統という言葉を借りて「自分達より学歴の低い女子を選ぼう」という意識が見え隠れしていますね。

 

これらの背景には「男子よりも女子は学歴が低い方がいい」という社会の差別意識が存在しており、今回はそれが報道されて大きく表面化しました。

 

このニュースの問題点として、”東大女子だけが入れない”という事と”差別が含まれている”という事。

 

例えば会社の飲み会で

 

ほかの会社の人はOKだけど、自社の女の子は参加しちゃダメだよ~

 

と言ったらどうなるか?

 

パワハラセクハラ等と見なされて、問題になるに決まっていますよね。

 

それと何か違いはあるのでしょうか。

 

東大の学生団体が新入生を対象にサークルの紹介をしますが、流石に東大生向けの場所で締め出されるのは可笑しいと感じます。

 

東大女子お断りに関するTwitterの反応

 

 

 

 

 
 

このような意見が多かったね~

 

東京大学教養学部オリエンテーション委員会では

www.a103.net

毎年のように、本学の女子新入生が性別を理由に入会を断られるといった事例が報告されています。正当な基準なく特定の大学を対象に性別のみに基づいて入会を規制することは、純然たる差別行為であり、新入生に不快な思いを与えます。 よって、2020年度オリエンテーション諸活動において上記のような差別行為を認めないこととしました。
オリエンテーション委員会引用

 

明確に差別であると指摘。

 

このオリエンテーション委員会によると、規則に同意をした団体しかオリエンテーション諸活動が出来ません。

 

素晴らしい対応ですね。

 

特に理由もなく伝統やそういう決まりだからと意味もない差別行為が減ってくださると嬉しいです。

 

医学部入試における女性差別問題と女性差別発言

kotobank.jp

医学部の入学試験に女性差別があり、女子合格者を減らすための操作が行われていることを巡る様々な問題。東京医科大学の入試の合否判定について、女性などを不利に扱う不正な操作が大学当局の主導で行われていたことが、2018年の内部調査で明らかになった。 コトバンク引用

 

この問題点で浮き彫りになった女性差別。

 

これは

 

「女性は結婚や出産で職場を離れることがあり、人手が足りなくなるから」

 

という理由が主な原因だそうです。

 

医者というお仕事は、労働時間が非常に長く、拘束時間も相当な時間。

 

働き方改革なんてありましたが、お医者さんには恐らくには適応されていないのでしょうね。

 

何故なら、お医者さんは24時間365日働いて当たり前という認識があるそうですから。

 

しかし、理由自体は本心かもしれませんが、根っこの思想ではこちらのニュースがあるように

 

www.google.co.jp

「入試がガラス張りになり、女医が6割超になってしまうかもしれない」 「女性は出産を機に仕事を減らすこともあり、男性医師1人に対し女医は3人、日本は日本らしく男性医師がバリバリ働けばいいのではないか」 読売新聞引用

 

これは差別意識が根付いているから、このようなニュースや医学部女性差別が起きるのではないでしょうか。

 

男性医師を優遇したい気持ちがあるんでしょうし、他の医師の人達もそう思っているかもしれませんが、言葉や文章として残すのは間違っていると思います。

 

男性女性どちらにもキツくて大変な仕事なのは分かりますけど、この様に”女性差別があった”という事は事実と取れます。

 

東大女子お断りまとめ

 

中々女性の社会進出は壁が大きいですね。

 

そして、こんな意見もありました

 
 
 

 

確かに女性が女性を排除する。という事は実際にあるのでしょう。いくつもの要因が重なってこのような事態を引き起こしてしまっています。

 

そして東大女子お断り問題ですが、これらは一部の人たちが作ったルールなので東京大学に在学する男性全般を非難するのはいけません。

 

差別意識を持っていない人まで対象として批判してしまうのは、問題が悪化するだけで差別意識の溝が深まる気がします。

 

ジェンダーレス問題はなかなか線引きが難しく、どちらかを優遇したら差別になってしまう為に中々難しいですね。

 

この記事はこれで以上です。読んでくださってありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました